駿河湾でつかまえて

タビとカンゲキ。写真撮ったり絵を描いたり。

【町田】あの人の煙草の香りがする街【ロケ地巡り?】

f:id:ab7ab7:20141102104658j:plain
川崎方面へ出張した際、乗り換えのため町田駅に降りた。

町田といえばまほろ駅前シリーズの舞台である。わたしはこのシリーズのファンであり、1週間ほどまえに最新作の映画を観たばかりで、『行天最高だよ熱』が再燃していたところで、まぁ駅前の風景を眺めただけで大変興奮した。

ので、翌日町田を探検することにした。

調べたところ、町田市民文学館でまほろコーナーが設けられているという。さらに赤瀬川原平の展覧会もやっているということでまずはそこへ向かう。

f:id:ab7ab7:20141102144905j:plain
文学館でマップをゲット。まほろコーナーはこじんまりとしたものだった。しかし便利屋の看板には興奮。
登場人物の人気投票があったけどハルちゃん(子役)が異常人気だった。多田・行天が同率、その次に星って感じ。星いいよね、行天と星はザ・二次元キャラなのに配役がピッタリすぎてほんとに存在してるみたいな(以下略)
赤瀬川原平展は想像してたより見応えがあった。トマソンの人という印象が強かったけど小説とかも読んでみたい。このタイミングだったのでお客さんもわりと多かった。

マップ片手にロケ地巡り。
映画で気になった大きいタバコ屋。瑛太と刑事が話してたとこ。ドンキの裏。
f:id:ab7ab7:20141102152713j:plain
店の前の喫煙スペースに常に人いてうまく撮れず。町田、やたら喫煙所多い気がしたが、それはまほろ効果で私のセンサーが喫煙男子に過剰に反応していたせいだろう。きっとそう。
左側に見たことない外国の煙草が売ってて、映画でも多田の後ろにそれが映ってて、雰囲気があるなと思った。

f:id:ab7ab7:20141102153017j:plain
めっちゃ迷いまくりながらたどり着いた多田便利軒!
写真撮ってたら、『ビバ(ハート)まほろ』と書いたTシャツを着た龍平…とは似てもにつかない(失礼)男の人が現れてビクっとした。なんかその建物内でまほろ関係のイベントをやっていたようだった。
思ったよりまほろで町おこし!って感じを受けなかったけど(ポスターがたまに貼ってあったり本屋が特集してたり…くらい?)第一弾の映画やドラマの時にもう一通り盛り上がり尽くした感じなのだろうか。


f:id:ab7ab7:20141102153300j:plain
…っていうか多田便利軒、このインパクトあるギョーザ屋の裏だった。便利屋探す前にこの写真を撮っていたのに…すごい遠回りしてしまった〜

便利屋を見れたので満足して、昼飯にする。
町田仲見世商店街というめっちゃ狭くてディープな商店街で焼き小籠包を立ち食い。台湾とかの屋台みたい。ドラマ版でキャバ嬢のねーちゃんが食べてるシーンあったね。
f:id:ab7ab7:20141102153531j:plain
さっぱりしたもの飲みたかったので、町田のまちの駅みたいなとこに入っていた沖縄物産コーナーでシークワーサージュースとレモンケーキを買った。沖縄の法事で定番らしいレモンケーキ。知らんけど。

ロケ地巡りというからにはリス園に行くべきだったかもしれないけど、雨だったんだよ。ひとりだったんだよ。タイワンリスちょっとでかくてこわいよ。だから今回はやめておいた。気になったけどね。駅からは、バスで行かなきゃなんないみたい。

町田は確かに都会でも田舎でもなかった。神奈川でも東京でもないようだ。都会でも田舎でもないのは私の住む町も同じだけど、やはり東京に近いぶんなんていうかのんきな感じがしなくてちょっと事件とか起きそうなアブないディープな雰囲気があった…かな。

町田=まほろ=多田と行天が住む町という印象から、かっこいい男の人が多い気がしたし、かっこいい男の人を見ると「さすが町田…」と思ったりした。馬鹿である(私が)

ロケ地巡りというほど撮影スポットを巡ってないけど、街の雰囲気を感じられただけでも嬉しかった。これがロケ地巡りの醍醐味。

f:id:ab7ab7:20141102155210j:plain
ちゃんとオシャレカフェもあった。モーニング美味しかった〜。食べ物が美味しかった土地は最終的に印象が良い。