駿河湾でつかまえて

タビとカンゲキ。写真撮ったり絵を描いたり。

【東京・両国】ひとり相撲観戦

京に出張したついでに両国国技館で相撲を観てきた。ひとりで。

 

いつもの旅のお供・デジイチを持って行かなかったので、iPhoneで撮ってアプリで加工した写真を使ってみる。

f:id:ab7ab7:20140118225802j:plain

前日東京ドームのラクーアに泊まって、9時半くらいに追い出されたので、ムーミンベーカリーカフェでムーミンパパ(のぬいぐるみ)に見守られながらムーミンママ(のぬいぐるみ)の横で朝食を食べ、10時半くらいに両国に着いた。

 

当日券で自由席が買えたので購入。2100円。

2階席の最後列14列目が自由席になってるそうだ。

 

まだ入場するのも早いだろうと思って、隣の江戸東京博物館で大浮世絵展をやっているのでそれを観に行った。

作品数が多くて充実していた。客も多い。平日午前中だというのにすごいな東京。北斎の娘の作品が綺麗でゾクゾクしたなー。

 

昼になったので国技館に入場。一回だけ再入場できるらしい。

この時自由席はもう売り切れてた。

 

食べログ国技館地下でちゃんこが食べられるとあったので地下へ。

 

この日は八角部屋のしょうゆちゃんこ、らしい。

案内の貼り紙には、隠岐の海関がすごい笑顔でちゃんこ食べてる写真と、「隠岐の海も大好き!」というコピーが。…かわいいな。よし、私は隠岐の海推しでいこう、と決める。ミーハー。

f:id:ab7ab7:20140118230903j:plain

ちゃんこ。円卓が置かれた結婚式場みたいな大広間で炊き出しみたいに提供される。

鳥肉と野菜たくさん。結構アブラ浮いてるけども。美味しかった!

隠岐の海も大好きな塩も食べてみたかったな。

まわりをチラリと見回したら女のお一人様が思ったよりたくさんいらっしゃって安心。

f:id:ab7ab7:20140118231714j:plain

これがお茶屋さんてやつですかね。

 

じつは私の相撲知識って若貴時代で止まってて、あとは中村明日美子様の相撲まんがで得た知識しかない。

 

しかしこのお茶屋さんの急須持って歩いてる兄さんや呼び出しの兄さんは確かにかっこいい!あの服いい!!今わかったよ明日美子さま!!

 

あと国技館の中では着物着たお相撲さんがほんとにフラフラしてて、なんか楽しい。全然誰だかわかんないけど。

メガネをかけたお相撲さんが私的にすごいツボ、という発見があった。

相撲という究極の肉体派なのに、メガネをかけることにより繊細さとインテリジェンスが加わってたまらない。と思うんだが。

 

お相撲さんのオフのユーモラスな姿を写した写真コーナーもあって、親しみを感じられて楽しかった。

ぜひ次回はメガネ特集を…

 

f:id:ab7ab7:20140118233114j:plain

小腹が空いたので焼き鳥弁当を。お土産に焼き鳥とせんべいを購入。

焼き鳥、冷めてもうまい。

とくにつくねがうまい。

 

記念にポストカードも購入。

曙&貴乃花、寺尾のイラストが気に入ったのでそれと、推しメン隠岐の海のやつ。

浮世絵展行った後だったし、ご贔屓のお相撲さんの絵を買うなんて江戸っぽい!私、超江戸っぽい!!とテンションあがる。

 

f:id:ab7ab7:20140118225240j:plain

自由席、思ったより観えた。ふらりと入るんならここで十分だわ。

入口で貰った取り組み表と、500円で買ったパンフレットを見て、次は誰と誰で、顔、出身地、年齢などからどちらを応援するか決めて観戦したらなかなか燃えました。

 

一番盛り上がったのは遠藤の取り組み。異常に昇進がはやい子ってのはなんとなく知ってたけど、みんな遠藤のこと好き過ぎでは…?歓声がすごい!しかも勝ったからますます盛り上がった!

相撲ファンの期待を背負ってるんだなー22歳の若者が…とか考えるとちょっとウルッときた。歳だな。

 

推しメン隠岐の海は負けてしまい残念であった。

なんか調べたところ練習嫌いらしい。彼ははやく嫁を貰ったらどうか?守るものができたら変わるのでは?とお節介ばばあは思うよ。

 

ずっと相撲は観たかったのだけど、せっかく観るならマス席かな〜でも高いし…とか思ってたからなかなか来れなかったんだけど、イス席でも雰囲気楽しめるし全然OKだと私は思う。

 

マス席に連れてってくれるスポンサーは随時募集中だが!!